年収が高いとされる医療業界

医療業界は概して年収が高くなっており、医師は弁護士と並ぶ高収入の代表である。開業医ともなれば年に数千万円は稼げて当たり前といわれ、疾患ではなく美容を中心とする美容整形外科医でも1年で数千万円は稼げてしまう。最近はアルバイト医師でも割と高い収入を確保しているので侮れないのが現状だ。
確かに医師となるのは難しくコストもかかるが、かけたコストは数年で回収できる点が魅力だろう。また、大学に通うために借りたお金も数年で返済ができるため、その後の人生は安泰である。医師ほどではなくても、看護師も今となっては高収入な部類に属するだろう。医師よりも簡単に資格を取得できる割には収入が高くなるので、コストパフォーマンスに優れているいわれている。

看護師には大学だけでなく専門学校もあり、資格を取得さえすれば年収は500万円前後を目指すことが可能だ。大学に行かず、これだけの高収入が得られるのは大きいだろう。バブルの時代は儲からないといわれていたが、最近のサラリーマンの平均年収は300万円ともいわれているわけで、相対的に見ればかなりの収入となる。中小企業の部長クラスの収入が、新人のうちから稼げてしまうのは魅力的だろう。夜勤を大量にこなしていけば、さらに上積みすることができる。また、出世をして看護師長になれば年収1000万円も夢ではない。一般的に大きな病院ほど収入は高くなるため、稼ぎたいなら総合病院や大学病院など規模の大きな医療機関を狙うのがいいだろう。しかし、地域や仕事内容によって左右されることもあるため、こちらで確認してみるといい。