医療業界の年収と問題について

安定性や信頼性の高さから、医療業界を目指す人は非常に多い。医療に携わるとそれなりの年収がもらえるとよくいわれているが、実際はどうなのか。まず、この医療業界において最もポピュラーな医師が、一般的に1000万円から1500万円といわれている。さらに開業医となると、場合によっては2000万円や3000万円を超えることもあるようで、報酬としては十分だろう。
次に、看護師は勤続年数や地位によって大きく異なるものの500万円前後となることが多い。医師と比べるとどうしても劣って見えるがそれでも十分な報酬であり、生活に困ることはないだろう。最後に挙げる介護士は、年収は300万円前後とされている。介護士は求人数が非常に多く、再就職も比較的容易に行えるため仕事に困ることはないはずだ。しかし、他の職種と比べるとかなり報酬が低いと感じられる。

以上のように医療業界は職種によって収入は大きく異なるが、少なくとも仕事に困ることはなく、安定しているといわれるのも納得だ。だが、問題点がないわけではない。生活に困ることはないだろうが、本当に仕事内容に見合うだけの報酬が支払われているのだろうか。特に看護師と介護士においては、仕事の割に年収が低いと指摘されることが多い。実際どちらの職種においても離職率が高く、その理由には給料の低さが挙げられることも少なくない。確かに医療業界では報酬の上限が定められることがあるため難しい一面もあるが、改善の余地はあるだろう。